考えを文章で伝える練習帳

考えを文章で伝える練習帳。文章を書く習慣を付けたいです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)

普段読まないようなジャンルにも手を伸ばしてみよう作戦。なんか色々伏線とか期待してたのに、普通に良い話で終わってしまった。兄弟家族に冷たくされている状態は伏線にしかみえません。主人公の馴れ馴れしい語りかけは、読み手の層を限定してしまって良く…

侍(遠藤周作)

支倉常長なんだけど、血沸き肉踊る展開は一切なし。辛いことばかりの旅の中でじわじわと蝕まれていく感じ。ジャガーになった男とはまた違う解釈で、同じモチーフでもこんなに文章に差が出てしまうものなのかと。多分私は伝えたかったことをちゃんと理解でき…

螺鈿迷宮(海堂尊)

ナイチンゲールが売ってなかったので、代わりに。エンタテイメント性高い。前作もそうだけど、白鳥がパーフェクトヒーローじゃなくて、若干押され気味くらいのポジションなのが良い感じ。だからラスボスはすごいでしょ、という説得力の持たせ方。医学部とい…

光の帝国(恩田陸)

クロスファイア的な。特殊能力を持つものたちの苦悩は良くあるテーマなのだけど、悲しみに説得力があるのがポイント。悲しみというよりは切なさというべきか。とにかく伏線張りまくりで回収率が低いので、長編に繋がる予感しかしない。なんていうかこの人の…

箱根の坂(司馬遼太郎)

何故これまでスルーしていたのか謎なくらい私好みな内容。司馬遼太郎に共通する特徴として、序盤がすごい上手で中盤は序盤の遺産で食いつないで、終盤は説教モードってのをそのまま行ってる。千萱良すぎる。ロリコンとか近親相姦とか含めて良いポジション。…

チームバチスタの栄光(海堂尊)

面白かった。映画も見たい。ミステリの基本を抑えつつ、マニアックになりすぎず、キャラクターが立っていてバランスが良い。特に白鳥が良い。シリーズ網羅したい。

ドミノ(恩田陸)

ドラマになったら面白そう。踊る大走査線の歳末スペシャル(稲垣メンバのやつ。個人的にはシリーズ最高傑作)みたいな気持ちよさがある。物語は軽さと重さのバランスがとても大事で、毎度毎度だけど軽さから重さへのギャップが大きい程ゾクゾクするような快感…

TSUGUMI(吉本ばなな)

つぐみ良いキャラ。尖ったちょっと変な人と、包容力の高い語り部の組み合わせは最高だ。どっちも自分に無いものを認め合っていて違う価値観を上手くすり合わせてる。

日蝕(平野啓一郎)

ちょっと古めの日本語風味で読むのにエネルギィを使う。そんでもって理解するのは難しい。なんとなく圧迫感があって、なんとなく空虚。とにかく難解で重い。そんな印象。

終末のフール(伊坂幸太郎)

短編集。個人的なお気に入りはフールとビール。年配夫婦とか兄弟とからしさが出てて良い感じ。ぶれない人と良い意味でぶれる人の対比が美しい。出会っちゃった相手は誰なのか読み返したけどよく分からなかった。まだまだ文庫化待ちが沢山あるので楽しみにし…

スカイイクリプス(森博嗣)

シリーズ全部読み直さないと。なんか頭の中が?でいっぱいになってしまった。読み直しても多分すっきりできない。理屈を抜きにすれば、乾いた雰囲気がとても好きだ。

東京アンダーグラウンド(ロバート・ホワイティング)

菊とバット読んでみたくなった。外人という言葉は印象悪い。外国人と外人のニュアンスの違いは説明できるけど共有できる気がしない。蔑称を使うことそのものがとても子供っぽくてかっこ悪いことのように感じられる。つまり例えばアメリカ人を批判したいのな…

少年少女飛行倶楽部(加納朋子)

私の今の上司は作者の弟さん。その繋がりでハードカバ借りた。さわやか。ニヤニヤできる。銀魂の評価高い。私が空を飛ぶならグライダがいい。とても値が張る&訓練大変そうだけど。ハンググライダはもうちょっと安くて操作も比較的簡単らしい。地面に潜りた…

ぼくのメジャースプーン(辻村深月)

素直な感じが良い。共感できる。苦悩する秀才がこの人の得意分野。自分勝手や自己中心で何が悪いって開き直りを認めつつ、それはかっこ悪いことという基本姿勢も持っていて、そういうので悩むのは決して無駄ではない。動物が好き嫌いではなくて動物好きとか…

氷川清話(勝海舟)

とても昔の人が書いたとは思えない読みやすさ。若者批判とか政治家批判とかは現代とまったく同じこと言ってて面白い。曰く最近の若者は覇気が無いとか、政治家は権力欲ばかりで国家のことを考えていないとか。明るく前向きで勉強熱心な印象を持った。福沢諭…

ジャガーになった男(佐藤賢一)

不器用な男シリーズ。ていうかこの人はいつもこんな感じ。コルテスとかピサロは今でもスペインで英雄なんだろうか。

異戦国志(仲路さとる)

戦国時代IFモノ。出来としてはかなり荒い。地の文はノリが軽いのは作風としてもリズムが悪い上にワンパターン。台詞にいたっては戦国時代っぽさを出そうとしているのかどうか不明だけど、かなりいい加減な印象。明治以降成立の熟語をガンガン使われて困る。…

将棋の本を買った。先崎先生の四間飛車本。私が真剣に将棋を始めるにあたって、まず悩んだのは居飛車か振飛車かというところ。居飛車は振飛車に比べて難しそう(覚えることが多い、先に攻めなきゃいけない等々)と思ったのでとりあえず四間でデビューしようか…

AV女優2(永沢光雄)

100円@Bookoff。文庫サイズなAV女優のインタビュー集。いろんな境遇の人がいるけど傾向としては、家庭や学校で暴力を振るわれてる人が多いなと。私の両親は記憶している限り一度も子供を殴ったことは無いのだけど、それってとても珍しいことなのかもしれな…

東京駅之介(火田良子)

百人一首は結構覚えてるもの。松子とか秋好事件のような不幸っぷり。子供が大人の感情を読み取ってささやかで健気な気遣いを見せるというツボは強力。大人は子供がまさかそこまで読まれているとも思わないし、子供のほうも気遣いがバレないように頑張る。こ…

さいはての二人(鷺沢萌)

短編集。オカルトは有効利用しましょう。何かに詰まったりしたときに元気になる要素は大切。

きらきらひかる(江國香織)

やっかいな女性の典型を見せ付けられた感じ。でも案外本質を突いているような気がする。優しいは正義なのにそれでもまだ足りない。

宣戦布告(麻生幾)

福井晴敏をもう少し軍隊からマスコミ寄りにしたような感じ。組織構成が良く分からない&登場人物多すぎ。まぁ人はおまけみたいなもんで、パニック状態を表現したいのだろうけど。ハニートラップ恐るべし。実名使いまくりなのは抗議とかこなかったんだろうか…

サイコロジカル(西尾維新)

まぁまぁ。ジョジョネタ多かった。ということは私の知らないオマージュもまだまだ沢山あるんだろうなと。本の残りページで展開が読めてしまう悲しさは以前私も日記に書いたような気がする。アナログの良さであり悪さでもある。えー続きは大分先になりそう。

レタス・フライ(森博嗣)

刀のつPQRだけでも読んだ甲斐アリ。懐かしい友人に再会したような錯覚。普通短編集といったら知らない人が導入として読むものと思っていたけどこれはまったく逆。それにしても回収の仕方が良い意味でいやらしい。結局その探偵は誰なのかと。もうそんなに候補…

三国志(北方謙三)

全13巻だけどさっくりと読み終わった。最後も含め全体的にあっさり。登場人物は皆とてもよく悩む。とても人間らしい。ハニートラップ多すぎ。あとゲーム張りに訓練しまくり。こんなに訓練ばっかりやってる歴史モノも珍しい。個人的なお気に入りは、やたら賢…

市場原理主義が世界を滅ぼす!(高杉良)

キヨスク買い。友達も言ってたよ〜って自分の説を固める手法はとてもかっこ悪い。竹中平蔵はとても秀吉っぽい。口が達者で機動力と手数で押す。当然こういったキャラは古き良き時代を大切にしている人からは反感を買う。経済に正解なんて無いんだから好きに…

クビツリハイスクール(西尾維新)

今んとこ、クビキリ > クビシメ > クビツリ。強い子が普通に強い話は面白くない。

クビシメロマンチスト(西尾維新)

主人公が良い感じにうざい。これくらいうざくないと可愛らしい挿絵付きラノベの主人公は務まらないぜ。よく知らんけど。一人称で嘘付かれても許せてしまう。最初からキャラクターを信じる気にならないから。最初のやつに比べると少し落ちるけど十分面白い。…

大地の子(山崎豊子)

まじごっど。中国の描かれ方がすごい。戦争って人が死ぬっていうのも悲惨だけど、もっと悲惨なのは土地を奪うってとこ。仮に人が死なず土地が減らない戦争があれば、それはもうスポーツと呼んでも良いとおもう。逆に土地ってのは人にとってまだまだ大事なモ…

歴史の世界から(司馬遼太郎)

蝶の訓読みはどこですか?エッセイ集のような感じ。癒される。

邪馬台国はどこですか?(鯨統一郎)

本当に釣りが上手い。全般的に現代の価値観にのっとった説得が多い。読者を説得したいのだと思う。或いは催眠術にかけたいのだと思う。信長や聖徳太子の評価は難しいけれど、漠然としたイメージからあれこれ想像できる素材というだけで歴史上の偉人に相応し…

コンピュータ新人類の研究(野田正彰)

インターネット前夜の分析モノ。とても興味深い内容が沢山。1986年当時における未来予測はどれも素晴らしい洞察。

凍りのくじら(辻村深月)

本筋から少し離れたところでのトリックがこの人の持ち味でしょう。本筋にはあまり謎は無いのだけど。同じ世代というのを強く感じる。登場人物の言葉使いや価値観がすっきり入ってきて読みやすい。何をカッコいいと思って何をカッコ悪いと思うか。カッコいい…

子どもたちは夜と遊ぶ(辻村深月)

本筋から少し離れたところでのトリックがこの人の持ち味でしょう。というわけで本筋は予想通り。

マネーハッキング(幸田真音)

インターネットの色々な可能性を予感させる感じ。先見の明とはちょっと違うけどこういうのって今読むと違った味わいがある。高杉良も幸田真音も美味しんぼっぽい台詞回しはなんなんだろう。弘兼憲史っぽいというか。こんな台詞ありえないけど読むと落ち着く…

あふれた愛(天童荒太)

直木賞おめでとう。好きな作家が受賞するのは嬉しいものだ。理不尽の中に暖かさ。

水の迷宮(石持浅海)

水族館の話。もう驚かないぞ。つまりグダグダトークの後に軽めの動機で犯人どーんだ。私にとっての水族館はもう今は無いけども、上野動物園にあったやつ。家族といったり学校行事でいったりした。そんときはいつも時間たっぷりかけて見れなくて、いつか大人…

冷たい校舎の時は止まる(辻村深月)

面白かった。レベルEの野球の話を思い出した。秀才の描き分け。

タイムスリップ明治維新(鯨統一郎)

涙研究所の人。釣りが上手い。明治維新の黒幕は意外性が全く無くて残念。竜馬が行くは名作です。

暗黒童話(乙一)

綺麗なグロさ。レーシック後にはちょときつい。一人称で入れ替わりの描写はお互いの見え方がトリックになっている可能性をついつい考えてしまう。

クライマーズ・ハイ(横山秀夫)

あんまり山関係無かった。日航事故の話。実際新聞社ってこんな職場なのかわからないけど、とっても効率が悪い。派閥争いもそうだし、感情的な罵りあいとか、暗黙の了解がルールより強いとか無駄が多すぎる。「率先してルールを破って結果オーライだからかっ…

扉は閉ざされたまま(石持浅海)

ぐだぐだ議論するのがこの人のスタイルっぽい。なんかもう一声欲しくなってしまってツイツイ次を買ってしまう。

淋しい狩人(宮部みゆき)

可愛い男の子と渋いオヤジ大好きですー。こういうのホント上手。

アイルランドの薔薇(石持浅海)

こっちのほうが好み。犯人は分からなかったけど色々推理あたった。2冊読んでなんとなく作風を理解したつもりでいる。

月の扉(石持浅海)

さっくり読み終わってしまった。ミステリなんだけどフットワークが軽いというかなんとも新感覚。ファンタジー警報の割には最後もあっさり。

栄光一途(雫井脩介)

落ちがカオス。「主人公が敵のアジトにこっそり忍び込む」は典型的な生存フラグ。その後「敵に見つかる」「追い詰められる」「大逆転」と続く。ちなみに「非主人公が敵のアジトにこっそり忍び込む」は典型的な死亡フラグ。「敵に見つかる」までは同じだけど…

探偵伯爵と僕(森博嗣)

毛が生えているかどうか、の行は良い感じ。子供に読ませる感じの話作りだけど随所にらしさがあってクスっとしてしまう。最後の落ちはちょっと必要性が分からない。

Jの神話(乾くるみ)

最初は「緋色の囁き」のような展開だったけど、途中からどんどんねじれて最後の締めはホラーっぽい感じ。ミステリーにしては推理のテンポが早くて途中からファンタジー警報鳴りまくりだった。最後のギャップがすごいエロい。すごいかっこよいのとかっこ悪い…

火の粉(雫井脩介)

白夜行みたいな話。すごい良い人が実は(精神病みたいな言い訳無しで)素で悪人。その悪人が綺麗な女性だった白夜行と違ってキモイおっさんなので魅力は今ひとつ。ゾクゾクしない。